パネルの質を見極める

太陽光発電を設置する際にしっかりと考えなくてはいけない事として、まず設備投資にかかる費用とパネルの品質の問題があります。 最近では安価な太陽光発電設備の取り付けをうたう会社も増えてきましたが、こういった会社は中国製のパネルを使っていることが多く、値段は安いのですが品質はどうしても劣ってしまいます。一方で日本製は品質や性能は良いのですがそれなりの値段がするという事でどちらにもメリットデメリットがあり、しっかり考えて選ぶ必要があります。 また太陽光発電の買い替え寿命は10年前後と考えられており、最低でもそのくらいは使い続ける物なので、現状は良くても未来で状況が変わる可能性もあります。なので、しっかりとどういったシステムと契約を選ぶのかという事を調べ自分に有ったものを導入するようにしましょう。

太陽光発電を設置する際に知っておくと良い事というのはまず何よりも補助金関係です。 昨今では買取総量が増えたという事で国が行う太陽光発電への補助が減らされてきていますが、それでもそれなりの金額の補助が出ていますし市町村単位でも補助金を出している所があります。こういった物は年度単位で内容が変わっていくので、導入の際にはしっかりと調べておくことをお勧めします。 もう一つ知っておくべきこととして売電に関わる収入は雑所得扱いになるという事です。 設置の際の経費が控除されるので一般的には確定申告の必要はないのですが、その他副業や内職などで収入を得ている場合、仕事をしている方で合計20万以上の収入を得ている場合は確定申告を行う必要があるので、しっかりと確認するようにしましょう。